やり過ぎには注意が必要

クレジットカードとは買い物の時にカードを提示し、サインや暗証番号によって承認を得てから後払いにて利用代金を支払うのが一般的な使い方です。近頃インターネットや雑誌、広告などでクレジットカードを現金化すると謳っている広告が掲載されているのを目にします。それは業者がクレジットカード現金化の依頼を受けた顧客に対してクレジットカードのショッピング利用枠内にてクレジットカード払いにて買い物をさせた後に、その購入代金よりも低い金額で購入した品物を買い取るのです。そのおかげでその消費者が現金を得られるのがクレジットカードの現金化です。

基本的にクレジットカード会社側としては、換金することを前提でカード決済で買い物をすることを認めていませんし、このような行為や規約違反となります。クレジットカードの現金化が発覚した場合ですが、残金の一括請求やカードの利用停止、カードの強制退会といった厳しい処分が科せられますので、基本的にはやらないほうがいいのです。しかし利用者にとってはすぐに現金が手に入りますし、業者も購入代金との差額で利益が得られますのでお互い損をすることはありません。しかしながらクレジットカードの現金化をやりすぎてしまうといずれクレジットカード会社にばれてしまうことにもなりかねませんので十分な注意が必要です。