キャンペーンを狙え!

現金が必要となったときに、銀行口座にお金も残っていなければ誰かに借りることができない場合、クレジットカード現金化を考える方もいらっしゃるでしょう。消費者金融やカードローンを利用してお金を借りることもできるのですが、万が一返済できなかった場合のリスクも大きいですし、利子を付けて返済しなくてはいけないので損をしたような気分になります。ところがクレジットカードの現金化なら多少の手数料を支払えばすぐに現金を手に入れられますし、借金をするわけではありませんので利用しやすいのかもしれません。

クレジットカード現金化の仕組みは、業者によって事前に決められた物品をクレジットカード決済にて購入し、それを業者に購入価格よりも安い値段で買取してもらうことで利用者が現金を受け取れる仕組みになっています。しかし安い価格で買い取ってもらうわけですから、最初に支払った費用との差額が業者に支払う手数料となるのです。その差額が大きいといくら現金が必要だからと言って損する額も大きくなってしまいます。クレジットカードの現金化をできるだけお得に利用するためにも、キャンペーンを利用するのが便利です。各業者によって定期的にキャンペーンを実施しているのですが、それを利用することで現金化の換金率が通常より高くなるのです。

やり過ぎには注意が必要

クレジットカードとは買い物の時にカードを提示し、サインや暗証番号によって承認を得てから後払いにて利用代金を支払うのが一般的な使い方です。近頃インターネットや雑誌、広告などでクレジットカードを現金化すると謳っている広告が掲載されているのを目にします。それは業者がクレジットカード現金化の依頼を受けた顧客に対してクレジットカードのショッピング利用枠内にてクレジットカード払いにて買い物をさせた後に、その購入代金よりも低い金額で購入した品物を買い取るのです。そのおかげでその消費者が現金を得られるのがクレジットカードの現金化です。

基本的にクレジットカード会社側としては、換金することを前提でカード決済で買い物をすることを認めていませんし、このような行為や規約違反となります。クレジットカードの現金化が発覚した場合ですが、残金の一括請求やカードの利用停止、カードの強制退会といった厳しい処分が科せられますので、基本的にはやらないほうがいいのです。しかし利用者にとってはすぐに現金が手に入りますし、業者も購入代金との差額で利益が得られますのでお互い損をすることはありません。しかしながらクレジットカードの現金化をやりすぎてしまうといずれクレジットカード会社にばれてしまうことにもなりかねませんので十分な注意が必要です。

消費者金融と迷ったら!?

消費者金融とカードの現金化、どちらを利用したらいいかと迷ってしまったらどうしたらいいでしょうか。消費者金融を利用するということは、お金を借り入れる契約をするということになります。借金の契約を結びますので、勤続年数や年収、他社からの借り入れ状況など、たくさんの項目についての審査が必要になります。大手の消費者金融でしたら経営もしっかりしていますし、金利も明示されていますので、消費者金融での借り入れを選ぶ人も多いと思います。

 

クレジットカードの現金化の場合は、借金とは少し違ってきます。ショッピング枠を現金で買い取ってもらうという考え方になりますので、ショッピングをした代金を後払いすることにはなりますが、厳密には新たな借金が増えるということとは違います。ですので、借り入れが多くて消費者金融や銀行などで新たに借りることが困難な場合でも、カードの現金化ならば現金を手にすることができます。

 

どちらを選ぶのかは個人個人の考え方や借り入れ状況にもよると思います。どちらにせよ、しっかりとした業者を選ぶこと、返済の計画はしっかりとたてることが大切です。悪徳業者に引っかかってしまわないよう、事前の確認も忘れないようにしましょう。