電子マネーを使った現金入手方法とは

クレジットカード現金化のように簡単に現金化できないのが、電子マネーのデメリットですが、電子マネーをつかって商品を買う場合には現金と同じ扱いとなるため、この点を上手く活用することで現金を入手することは可能です。

 

方法はとても簡単です。

まず、手持ちのクレジットカードを使って電子マネーにチャージをします。

 

そして、その電子マネーを使ってショッピングをするのです。

 

その後、返品をすると電子マネーは現金と同じ扱いになるため、返金は現金で返ってくることになります。

しかもクレジットカード現金化というわけではありませんから、還元率は100%となり、手数料がかかることは一切ありません。

 

この方法を使えば、クレジットカードを使って電子マネーという窓口を通して現金化ができるので、素早く現金を手に入れることができるでしょう。

 

ただし、最近ではこの方法を利用した現金化が増えているため、電子マネーを取り扱うショップの中には、現金化の防止対策として、電子マネーでの返金は電子マネーへ直接行うショップが多くなっています。

 

そのため、あらかじめその点は確認しておいた方が安心でしょう。せっかく商品を購入して返品しても、現金ではなく電子マネーに戻ってしまうのでは、現金化できません。

クレジットカード現金化の利用方法

クレジットカード現金化は、どのような流れで利用するのか。これまでこのサービスを利用いたことのない人にとって、これはとても気になる情報のはずです。しかし難しく考えている人もいますが、実際にはとてもシンプルな方法なので安心してください。

これはあくまでも一例になりますが、まずクレジットカード現金化業者が提携をしているオンラインショップを紹介されます。そしてそこで指定の商品をクレジットカード決済で購入するだけです。その決済が確認されたら、利用者の口座へ商品に応じたお金が入金されます。

そのまま買い取る形をとっている業者もありますが、基本的にはこのようにキャッシュバックという形で現金化を行っている業者が多くあります。買い取りの場合、クレジットカード会社の利用規約に反してしまいます。その目をかいくぐる方法で営業をしているところもありますが、キャッシュバックという形であれば何も問題はありません。商品にどれだけの値段を付けるのか、それに対してどれだけのキャッシュバックを設定するのかは自由だからです。

クレジットカード現金化業者にも、色々な種類があります。まず事前にどのような流れで現金化をするのかを説明されるので、そこで問題がないのかをしっかりと確認してください。

クレジットカード現金化でショッピング枠を使う方法

クレジットカードには、キャッシング枠.、そしてショッピング枠があります。キャッシング枠というのが、その名前の通りお金を借りて現金を手にすることができる枠のことで、もう一つが現金では借りられないけどショッピングなどの支払いに利用できる枠のことです。キャッシング枠が元々ない、もしくはキャッシング枠を使ってしまったけれど現金が欲しい場合、ショッピング枠ならあるのに、というときにショッピング枠を現金化する方法を使います。
ショッピング枠の現金化はいくつかの方法があり、誰でも簡単に行うことができます。自分で行う場合は返金処理や転売などの方法が一般的です。業者を利用する場合は業者のキャッシュバックなどを利用する形で現金を入手することができます。どちらでも現金を手にできますが、方法によって換金率が違ったりします。自分でやる場合は少し手間がかかりますが、業者に依頼すればすぐに現金化できます。ただどちらにもメリットデメリットがあるので注意してください。クレジットカード現金化は、不正利用を防いだりするためにもグレーゾーンとされており、クレジットカードが停止されてしまう可能性もあるので自己責任で行うようにしましょう。

クレジットカード現金化の換金率

クレジットカード現金化は、ショッピング枠を用いて現金を手に入れる方法です。クレジットカード現金化は、使ったショッピング枠そのままの現金が手に入るわけではありません。そうなるとクレジットカード現金化業者は稼げないからです。そこでクレジットカード現金化サービスを利用する場合には、換金率がどの程度かを確認しましょう。

一般的なクレジットカード現金化業者の換金率を見てみると、80%前後に設定しているところが多いです。もしこれよりも低い換金率の業者は、利用すると損をしてしまう可能性が高いです。

クレジットカード現金化業者のWebサイトなどを見てみると、換金率が90~95%という高還元を売りにしているところも多いです。一見すると効率的に現金化できるので魅力的と思うかもしれませんが、ビジネスを行うとしてこの高還元率では経営を成立させるのは難しいといわれています。そうなると、このような高換金率をうたっている業者は裏に何かがあると思ったほうがよいでしょう。何か別の名義でお金を取られてしまうこともありますし、クレジットカード現金化以外の悪徳商法で利益を得ている可能性があり、今後そちらに誘導される可能性もあります。やけに高い換金率をうたっている業者も利用は警戒すべきです。

クレジットカード現金化で新幹線の回数券利用が減っている理由

一昔前まではクレジットカード現金化と言えば「新幹線の回数券購入」が主流でした。

ただ最近ではこの方法を利用する人が大きく減少しています。

その原因としては「カード会社から確認される頻度が高い」という点があると思います。

新幹線の回数券はみどりの窓口で購入することができ、そこで購入の理由について確認されることはまずありません。

とはいえ、カード会社ではこれまでの購入履歴やキャッシング枠の利用状況を参考にして、「カード現金化のために購入した可能性が高い」と判断した場合には購入手続きを保留にした状態で利用者へ確認の電話をします。

 

電話で尋ねられるのは「なぜ回数券を購入したのか」という点です。

ここで「出張のため」や「家族の介護で定期的に通わなければいけない」など納得のいく答えを述べることができないと、購入手続きはキャンセルされてしまいます。

場合によっては購入したチケットをスキャンしてファックスするように指示されることもあるようです。

 

こうした理由から「新幹線の回数券を買うよりは他の方法を利用しよう」と考える人が増えてきたのです。

 

もしキャッシング枠を使い切っていたり、これまで鉄道のチケットをカードで買ったことがほとんどないという人は、新幹線の回数券を利用した現金化は避けるのが賢明であると思います。

もしもトラブルを抱えたなら

クレジットカード現金化を利用した人が巻き込まれやすいトラブルとして「手続きをキャンセルできない」というものがあります。特にEメールで商品券やギフト券を購入して現金化しようとする際にキャンセル手続きを巡るトラブルが多く発生しています。こうした問題に巻き込まれないためには「手続きの手順を確認すること」が重要なポイントであると考えます。

Eメール形式のギフト券にはギフト券番号が記載されており、ショッピングサイトではその番号をフォームに入力することでギフト券の利用が可能となります。このため現金化手続きをする場合、ギフト券番号を買い取り業者に知らせるのは一番最後のステップであるべきです。優良な業者はトラブルを避けるためメールで買い取りに関する見積もりを送り、その金額に満足できたならギフト券番号を送ってもらうというシステムを採用しています。

一方悪質な業者は高い還元率を約束してギフト券をまず送信させ、その後すぐに還元率の大幅な引き下げを通知するという手法を取っています。ギフト券番号をいったん通知してしまうとキャンセルはほぼ不可能であり、対応してくれることはほとんどありません。これにより、手続きの手順をチェックすることは非常に重要なのです。

キャンペーンを狙え!

現金が必要となったときに、銀行口座にお金も残っていなければ誰かに借りることができない場合、クレジットカード現金化を考える方もいらっしゃるでしょう。消費者金融やカードローンを利用してお金を借りることもできるのですが、万が一返済できなかった場合のリスクも大きいですし、利子を付けて返済しなくてはいけないので損をしたような気分になります。ところがクレジットカードの現金化なら多少の手数料を支払えばすぐに現金を手に入れられますし、借金をするわけではありませんので利用しやすいのかもしれません。

クレジットカード現金化の仕組みは、業者によって事前に決められた物品をクレジットカード決済にて購入し、それを業者に購入価格よりも安い値段で買取してもらうことで利用者が現金を受け取れる仕組みになっています。しかし安い価格で買い取ってもらうわけですから、最初に支払った費用との差額が業者に支払う手数料となるのです。その差額が大きいといくら現金が必要だからと言って損する額も大きくなってしまいます。クレジットカードの現金化をできるだけお得に利用するためにも、キャンペーンを利用するのが便利です。各業者によって定期的にキャンペーンを実施しているのですが、それを利用することで現金化の換金率が通常より高くなるのです。

やり過ぎには注意が必要

クレジットカードとは買い物の時にカードを提示し、サインや暗証番号によって承認を得てから後払いにて利用代金を支払うのが一般的な使い方です。近頃インターネットや雑誌、広告などでクレジットカードを現金化すると謳っている広告が掲載されているのを目にします。それは業者がクレジットカード現金化の依頼を受けた顧客に対してクレジットカードのショッピング利用枠内にてクレジットカード払いにて買い物をさせた後に、その購入代金よりも低い金額で購入した品物を買い取るのです。そのおかげでその消費者が現金を得られるのがクレジットカードの現金化です。

基本的にクレジットカード会社側としては、換金することを前提でカード決済で買い物をすることを認めていませんし、このような行為や規約違反となります。クレジットカードの現金化が発覚した場合ですが、残金の一括請求やカードの利用停止、カードの強制退会といった厳しい処分が科せられますので、基本的にはやらないほうがいいのです。しかし利用者にとってはすぐに現金が手に入りますし、業者も購入代金との差額で利益が得られますのでお互い損をすることはありません。しかしながらクレジットカードの現金化をやりすぎてしまうといずれクレジットカード会社にばれてしまうことにもなりかねませんので十分な注意が必要です。

私が騙された方法

インターネット上で検索してみると、「クレジットカードの現金化で悪徳業者に騙された」という声がたくさん聞かれます。具体的にはどのようなケースがあるのでしょうか。いくつか紹介していきましょう。

 

「指定された家電製品を購入して持っていったら、他の利用客が先に買ってきたので換金できないと言われた」「換金率95%以上とホームページに書いてあったのに、実際に現金化したら換金率は70%だった」「違う業者を紹介されたが、換金率などが全く違う条件だった」など、たくさんのトラブルが見つけられます。「サイトに書いてあることを信用して利用したのに、実際には説明と違うことばかりで騙された」と悔しい思いをしている人がたくさんいるのです。

 

なぜこのようなトラブルが起こってしまうのでしょうか。クレジットカード現金化を行う業者には、一定数の悪徳業者がいます。ホームページをパッと見ただけでは、優良業者なのか悪徳業者なのかの見分けはなかなかつきません。現金化できずに泣き寝入りすることになったり、最悪の場合は個人情報を利用されるケースもあります。ネットには騙された体験談や悪徳業者の見分け方などがたくさん紹介されていますので、ぜひ参考にしてみてください。

悪徳業者の危険度

クレジットカード現金化の業者を利用する場合、優良業者か悪徳業者かの見極めをすることがとても大切です。もしも悪徳業者に引っかかってしまった場合、想像以上の損失を受ける場合がありますので、危険が大きいということをしっかりと認識しておきましょう。

 

悪徳業者はいろいろな手を使ってきます。たとえば、「うちでは現金化できないので他の業者を紹介する」といって、闇金融や反社会的勢力などの業者を紹介してくることがあります。そういった場合、現金化の換金率が下がるばかりか、個人情報をあれこれ聞き出そうとする業者が見受けられます。個人情報は名簿業者に売られるなど悪用されることになりますし、一度流出した個人情報は回収することはできません。くれぐれも気を付けましょう。

 

また、ホームページに書いてある換金率が守られないというケースもよくあります。サイト上では他の業者よりも高い換金率をうたいながら、実際にはかなり少額の振り込みしかされない、または全く振り込まれないということも起こっています。以上のように、悪徳業者に引っかかるということは大変なリスクです。現金化できないばかりでなく個人情報の流出などの被害を受けることも十分考えられますので、その危険度をよく知っておくことが大切になるでしょう。