悪徳業者の手口

クレジットカードの現金化をする場合、最も注意すべきなのは悪徳業者に引っかからないことです。世の中には優良業者がたくさんあるにもかかわらず、カードの現金化では悪質な業者の評判ばかりが目立ちます。それだけ多くの悪徳業者が存在し、だまされた利用者もたくさんいるというのが現状なのです。

 

では、悪徳業者の手口にはどのようなものがあるでしょうか。まず挙げられるのは、ホームページなどに書いてある換金率やキャッシュバック率が守られないという手口です。高い換金率を提示しながら、いざ振り込まれた額を見てみるとかなり少ない金額だった、という話はよく聞きます。「おかしいな」と思って電話をかけてみても既に電話はつながらない、ホームページに書いてあった会社の住所もデタラメだった、というケースは少なくないのです。最悪の場合、1円も入金されないということもあります。

 

また、個人情報を盗まれるという被害も増えています。必要以上に個人情報を確認してきたり、クレジットカードのコピーをとって情報を盗むといった悪徳業者が存在します。それらの情報は横流しされますので、被害の大きさは計り知れません。カードの現金化を利用する場合は、業者選びを慎重に行いましょう。