悪徳業者の危険度

クレジットカード現金化の業者を利用する場合、優良業者か悪徳業者かの見極めをすることがとても大切です。もしも悪徳業者に引っかかってしまった場合、想像以上の損失を受ける場合がありますので、危険が大きいということをしっかりと認識しておきましょう。

 

悪徳業者はいろいろな手を使ってきます。たとえば、「うちでは現金化できないので他の業者を紹介する」といって、闇金融や反社会的勢力などの業者を紹介してくることがあります。そういった場合、現金化の換金率が下がるばかりか、個人情報をあれこれ聞き出そうとする業者が見受けられます。個人情報は名簿業者に売られるなど悪用されることになりますし、一度流出した個人情報は回収することはできません。くれぐれも気を付けましょう。

 

また、ホームページに書いてある換金率が守られないというケースもよくあります。サイト上では他の業者よりも高い換金率をうたいながら、実際にはかなり少額の振り込みしかされない、または全く振り込まれないということも起こっています。以上のように、悪徳業者に引っかかるということは大変なリスクです。現金化できないばかりでなく個人情報の流出などの被害を受けることも十分考えられますので、その危険度をよく知っておくことが大切になるでしょう。