電子マネーを使った現金入手方法とは

クレジットカード現金化のように簡単に現金化できないのが、電子マネーのデメリットですが、電子マネーをつかって商品を買う場合には現金と同じ扱いとなるため、この点を上手く活用することで現金を入手することは可能です。

 

方法はとても簡単です。

まず、手持ちのクレジットカードを使って電子マネーにチャージをします。

 

そして、その電子マネーを使ってショッピングをするのです。

 

その後、返品をすると電子マネーは現金と同じ扱いになるため、返金は現金で返ってくることになります。

しかもクレジットカード現金化というわけではありませんから、還元率は100%となり、手数料がかかることは一切ありません。

 

この方法を使えば、クレジットカードを使って電子マネーという窓口を通して現金化ができるので、素早く現金を手に入れることができるでしょう。

 

ただし、最近ではこの方法を利用した現金化が増えているため、電子マネーを取り扱うショップの中には、現金化の防止対策として、電子マネーでの返金は電子マネーへ直接行うショップが多くなっています。

 

そのため、あらかじめその点は確認しておいた方が安心でしょう。せっかく商品を購入して返品しても、現金ではなく電子マネーに戻ってしまうのでは、現金化できません。