現金化の比較は意味が無い~実態調査~

クレジットカード現金化は、どういった仕組みになっているのでしょうか。業者を利用するカード現金化は、大きく2種類に分けられます。「商品買い取り型」と「キャッシュバック型」です。

この2つを比較してみましょう!

 

「商品買い取り型」では、クレジットカードのショッピング枠を使ってブランド品や金券、家電などの商品を購入し、その商品を業者に買い取ってもらいます。商品の種類や金額によって換金率は変わってきます。人気や価値の高い商品ほど、換金率が高い傾向にあります。「キャッシュバック型」では、業者が指定する商品を業者から購入し、それをキャッシュバックしてもらう方法をとります。この場合、商品には価値や意味がない場合も多く、形として購入するという意味合いが濃いようです。

 

以上のように、クレジットカード現金化の仕組みは、「カードのショッピング枠を使って商品を買い、その商品を現金で買い取ってもらう」ということになります。法律的にグレーな部分も多いと言われますが、はっきりしたことは明確になっていません。優良業者もたくさんありますし、詐欺行為を行うような悪質な業者もあります。利用する際は自己責任で計画性をもって行いましょう。ネットなどから多くの情報を得ることも大切ですが比較サイトなどによる情報では真実の情報なのかが解りません。実際の公式ページなどを確認して各社をご自身で比較するようにしてください。他人が個人できに検証した比較情報は参考までにしておきましょう

 

『審査がないのに手に入る』

クレジットカードの現金化に、とくに審査はありません。なぜならば、カードの現金化はクレジットカードのショッピング枠を現金に換えるというものですから、借金を申し込むこととは全く別のものなのです。クレジットカードを持っていてショッピング枠に余裕がある人ならば、どんな人でも利用できるサービスです。

 

「もしも審査が必要」と言われて個人情報を細かく聞いてくるようならば、それは悪徳業者かもしれません。高い換金率でクレジットカード現金化を行うといううたい文句で客を呼び、個人情報を抜くような悪徳業者も存在します。利用する際には十分な注意が必要です。カードの現金化を行う業者の中には、悪質な業者もたくさん存在します。審査がなくて簡単に利用できるサービスですが、常に危険と隣り合わせであるという危機感をもつようにしましょう。

 

キャッシングやカードローンなど他社からの借り入れがある場合、カード現金化の際に審査がないことに戸惑うかもしれません。また、簡単な申し込みで換金できる便利さに驚く人もいるでしょう。クレジットカードの現金化はカード会社からの厳しいチェックが入ります。規約違反がみつかればカードは停止されてしまいますので、自己責任でよく考えてから利用するようにしましょう。また、利用する状況により、カードローンなどの利息と検討・比較してからにしましょう。